サイト運用コラム

ホームページを運用する

‹‹ コラム一覧へ戻る

4-3使用しているのはPCか、携帯電話かを判断する。

 アクセス解析ツールによって、サイトを閲覧する際に使用している媒体は、PCか携帯か、タブレットなのかを知ることができます。
 グーグルアナリティクスでの解析を前提でお話しします。




   「ユーザー」のカテゴリーの中に「モバイル」というものがあります。

 そこで、PC、携帯、タブレットのセッション数等を見ることができます。「モバイル」中の「デバイス」を選択すると、どんな機種の携帯端末、タブレット端末でサイトを見ているのかも調べることができます。

 使用端末を調べた際に端末ごとの特徴がないかなども調べていきましょう。
 セッション数が多い端末はどれなのか、新規セッションが取れている端末はどれなのか、直帰率はどの端末が高いのか、平均セッション数が多いのはどの端末かなどです。携帯端末での集客が多い場合は、もちろん携帯サイトを充実させなくてはなりません。

 また、レスポンシブサイトなどにしている時は、携帯サイトでも綺麗に表示されているか、常にチェックすることも必要でしょう。





   また、端末ごとの直帰率や離脱率、アクセス数、セッション時間など、それぞれの端末と比較をしてみるとどうでしょうか。

 
直帰率を見る場合、機種毎に差が出ていれば、その機種ではうまくサイトが表示されていないのかもしれません。平均セッション時間が他と比べて短いのであれば、バナーが隠れたりしているのかもしれません。そして、携帯端末のアクセスが多いサイトであれば、携帯端末も重要視せざるをえません。

 常にPCや携帯端末を比較できるようにするためにも、セグメントの設定を行い、一目で差をわかるようにしましょう。

 例えば、セッション数を比較したい時にも、セグメントにタブレットのトラフィック、モバイルのトラフィックのセグメントを追加すれば、全体のセッション数と、タブレットのセッション数、モバイルのセッション数をグラフで比較することができます。またセグメントを作成することもできますので、PCのトラフィックというセグメントを作成し、3つを比較してみるとより比較しやすいでしょう。






 PCと携帯端末では、使用している環境も異なれば、状況も異なっている場合があるでしょう。
 
ですので、サイト滞在時間や、利用時間などにも差が出てくると考えられます。それらを全て同じ感覚で分析していては、正しい解析が行えないのです。

 携帯端末からのアクセスが多いサイトは必ずPCと携帯端末を分けで考え、分析をしていきましょう。そうすることで運用上の新たな課題が見えてくることでしょう。

 

Column