サイト運用コラム

ホームページ制作にあたり

‹‹ コラム一覧へ戻る

3-7ホームページのSEOを考えたテキストを考える(キーワード出現率の調整)

 次にホームページの中身であるテキストに注目を置いてみましょう。




   検索エンジンは1ページあたりに含まれる文字数をカウントしています。そして、そのサイトの情報量などを判断しています。

 しかし、結局技術も進歩し、今の検索エンジンはサイトの内容を重視していますので、文字数が少なくとも、意味のあるサイトであると判断された場合は検索順位が落ちたりすることはありません。しかし、テキスト数の多いベージであっても質が悪ければ評価は低くなります。

 ただ、文字数が多ければ多いほど、文章の中に含まれるキーワードの数は多くなりますので、検索エンジンからの集客を考えると文字数が多い方が有利に働くでしょう。ページの記事を書く際には、テーマが被らないように、テーマに沿った内容を書くことを、気をつけなければなりません。

 検索エンジンが見ているのは、ユーザーにとって有用かどうかなのです。
 
どのような情報を伝えようとしているページなのか、ユーザーにとって必要なものかどうなのかということを、検索エンジンにわかりやすく認識させなければならないのです。
 




   次にキーワード出現率についてです。

 以前はキーワード出現率が重視されていると考えられていました。5%〜7%が適切ではないかと考えられている時代もありました。しかし、現代では検索エンジンの技術が高まったために、キーワードの率よりも、やはりが求められるようになりました。
 
 しかし、キーワードの出現率が30%を超えてしまってはスパム行為と捉えられる可能性がありますので注意をしてください。

 
キーワードは自然な文章を心がけて書くことが一番です。ターゲットキーワードがいくつもページ内に入っていた場合は、強調したいキーワードを多くし、他のキーワードは少なめに調整してみましょう。ターゲットキーワードが明確になっていた方が検索結果の順位も上がり、アクセスも集めやすくなります。


   また、テキストを考える場合hタグの重要性も忘れないようにしましょう。

 
もし、タグのルールを無視してしまうと、評価が下がる場合がありますので、hタグのルールもおさらいしておいた方が良いでしょう。


   最後に画像も注意をしてください。

 画像を埋め込む際にalt属性というタグが存在します。こちらは画像が表示されなかった場合などに代わりに表示されるテキストとなります。

 こちらにもルールがありますので、alt属性を使う場合はルールに気をつけて記述をしましょう。
 
画像やページの内容と異なるalt属性を記述すると、これもサイトの評価低下につながりますので、やはり自然に行うことを前提にテキストを記入していきましょう。

 

Column