サイト運用コラム

ホームページ制作前に出来ること

‹‹ コラム一覧へ戻る

2-4ホームページのサイトマップを考える

 サイトマップという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
 ホームページのSEO対策に加え、ユーザーの利便性を考える上でもサイトマップの作成は欠かせません。




   ではサイトマップとはどのようなものなのでしょう。

 簡単に言うと、サイトマップはマップとあるように、ホームページの地図です。どこにどのようなコンテンツが存在しているのかを、1ページに簡潔にまとめたものなのです。

 ユーザーはサイトマップに行くと、サイトが一目瞭然となりますので、行きたいコンテンツに行きやすくなります。サイトマップを使うと、おおよそ2クリックで行きたいページに行くことができますので、使用する側としても大変便利なものでしょう。

 また、サイトマップをつくることで、検索エンジンに全てのページを登録してもらいやすくなるのです。
 検索エンジンはページのリンクをたどって、サイトをデータベースに登録していくのですが、階層が深いページになると登録してくれない場合もあります。

 ですので、全てのページを簡潔にまとめたサイトマップは必須というわけです。





   また、サイトマップには2種類あることを覚えておいてください。

 サイトマップには私たちが普段から目にするHTMLサイトマップXMLサイトマップというものがあります。

 XMLサイトマップとは、検索エンジンにサイト内のページを通知するために設置するものです。XMLサイトマップは普通だと検出できないようなページでも、検索エンジンにこちらから知らせるのです。

 また、作ったばかりのページはリンクもされておらず、登録されるまでに時間がかかります。しかし、XMLサイトマップを検索エンジンに送信することで、新しいページもすぐにインデックスしてくれるのです。
 ページを素早くインデックスしてもらえれば、ランキング反映も早くなります。SEO対策を考えるのであれば、XMLサイトマップは非常に有用で、欠かせないものとなるでしょう。






 よく、まだページ数が少ないから、サイトマップはいらないのではないかという方がいるのですが、サイトのページ数が多くなってからサイトマップを作成するのはとっても面倒です。サイトのページ数が少ないうちから作っておくと後々が楽になりますし、先にも述べたようSEO対策としても有用になりますので、サイトの初期段階から作ることをお勧めします。

 また、サイトマップの作成は、凝る必要はありません。リスト形式に、どんな情報があるのかという点を、簡潔で分かりやすく作ることを念頭に置いて作成しましょう。

 

Column