プロ情報ブログ

« プロ情報ブログ一覧へ戻る

2017年11月04日誰にでもできるデザイン。

近年は様々なアプリケーションやツールが存在し、フリーで使用できる画像も公開され、コンピュータとアプリケーション・構築ツールさえあれば、誰にでもウェブサイトなどのデザイン、サイトの構築ができる時代だといわれます。

でも、本当にそうなのでしょうか?

確かにコンピュータとアプリケーションなど作るツールさえあれば、ウェブサイトなど作成することはできるでしょう。しかし本当にそれで本当に伝わるデザインなのでしょうか?本当にあなたの会社や、お店のイメージをアップ・伝えたいことを伝えられているものなのでしょうか?

残念ですが、それは違うのではないでしょうか?

会社やお店によって業種、伝えたいこと、イメージなど全く違うものです。もちろん、会社やお店によってウェブサイトでされたいことは大きく異なるはずです。そのことを表現・具体化しようと思うとアプリケーションや構築ツールなどがあってもそう簡単に誰でも作れるというわけではないと私は思っています。

第三者(閲覧者)は、あなたの会社やお店に基本的に全く関係のない方々です。しかし、その会社の方々が自らのスキルと経験のみで作ると、どうしても自分たち(関係者として)の目線で作ってしまうように思います。そして、デザインの経験も浅いと、使用するアプリケーションの熟練度や、性能なども「自分の出来る範囲」だけで済ましてしまいがちなので、どうしてもデザイン的には完成度の低いものになりがちなのです。

しかし、外部の人間「プロフェッショナル」として、多くの会社やお店のサイトや、広告のデザインを行なっているものとしては、第三者としての目線・そして、多くの経験・様々なアプリケーションの熟練度も持っている人が多いので、あなたの会社や、お店づくりの一環としてお役に立てるはずです。

その経験や知識において、問い合わせいただけると間違っていることは間違っているとお応えするでしょうし、多くのことをあなたより豊かな表現で仕上げを行ない、伝えたいことを伝えられるサイトのデザイン・広告になることでしょう。

ただ、最近先に述べたようにコンピュータとアプリケーションさえあれば作れる時代だから、クォリティの低い人でも今日からデザイナーだと言えば、デザイナー・クリエイターだという人も中にはいるので注意も必要な時代だと思っています。(注:決して責めているわけではないので悪しからず・・・。)

時代は、大きくそして常に動き、変わっていきます。そのスピードも以前とは比べものにならなくなってくるぐらい早く大きいものです。以前は正しかったものも、数年経てば、全く逆のことを言われ間違っているとされる時代です。

デザインの世界も常に新しい表現方法が登場しては消え、そしてまた新しい表現方法が登場します。絶対的に何が正しいのか誰にも判断はできません。しかし、感性に訴える部分は少しでも正しく第三者に伝えられなければ、間違っているということになるでしょう。

それは、人としての根幹に関わることなので、時代とともに大きく変わることはないのでしょうか?

私たちは、その部分・人の琴線に触れる表現を大切にデザインしていますので、あなたの会社やお店のイメージ戦略の一翼を担えていると思っております。