プロ情報ブログ

« プロ情報ブログ一覧へ戻る

2018年10月13日働き方について考える

ホームページ制作担当の牧野です。

今回は、働き方について書こうと思います。
と言いますのも昨年、子どもが生まれまして、仕事も頑張りたい!家のことも頑張りたい!でも時間は限られている、どうしよう・・・。となった時に、考えたことや試したこと等をご紹介します。
働き方改革なんて言葉をよく耳にする昨今、何かの参考になればと思います。




●終業時間を決めた
子どものお風呂担当となった私。子どもが寝る時間から逆算すると、遅くとも20時には、お風呂に入れなければいけません。という事は、19時30分には仕事を終える必要があります。
子どもが生まれる前までは、早くても20時~21時頃まで仕事をしていたため、毎日19時30分に仕事を終えることに不安もありました。
しかし、実際にやってみた結果、そんなに大きな影響は出ませんでした。


●切りが悪くても帰る
19時30分に帰ると決めてから、その時間に合わせて切りよく終わろうと、無意識に時間調整している事に気づきました。
効率で考えれば、切りよく終わる方がいいはずですが、無意識に仕事のスピードを調整するのでは意味が無いと考え、とにかく終わりのことは考えずに作業することにしました。
結果的には、そんなに切りが悪く終わることも稀で、トータルで考えれば作業量は増えたと思います。


●早く動く
本当に単純な事なんですが、早く動くと仕事も早く進みます。実際には、早く動こうと思う気持ちが、無駄をどんどん省いていくので作業が進むということです。
但し、これを24時間365日続けるとなると、心も体も疲れ切ってしまいますし、無駄がなくなり過ぎると、色々な部分で違った問題が発生します。
という事で、本当に忙しい時や、時間が足りない時に限定してやっています。


●帳尻を合わせる時間を確保しておく
仕事が一時的に集中してしまうと、どう遣り繰りしても時間が足りない時があります。そんな時のために、帳尻を合わせる時間を確保しておく必要があります。
私は、平日に早く帰ることを優先したいので、休日出勤であったり、早朝出勤することに対抗がなく、むしろ精神衛生的には、かなり楽になりました。


以上のことを心掛けて約10ヶ月。
何とかなるもんだ。というのが一番の感想です。

働き方について考えておられる方は、まずはやってみる事をお勧めします!
やってみれば、きっと何とかなるはず!
「仕事」と「自分の時間」、どちらも充実出来たら最高ですね。