プロ情報ブログ

« プロ情報ブログ一覧へ戻る

2017年04月04日【SNS広告について】SNS広告とは

初めまして。
トラスティーシステムズでホームページ制作をしております西堀と申します。

新米ですが、今後は私も皆様のお役に立つ情報を発信していきたいと思いますので、どうぞこれからよろしくお願い致します。




さて、今回私がお伝えしたいのは、タイトルにもある通りSNS広告についてです。

しかし、SNS広告と一口に言っても、昨今ではTwitter、Facebook、Line、Instagram・・・と数多くのSNSがインターネット上に溢れています。
そこで連載形式に致しまして、皆様に各SNSの特長と、広告を運用する上でのポイントや注意点などをご紹介していきたいと思います。

第1回は、そもそもSNS広告とは、です。
皆様は、SNSという言葉を耳にしたことはありますでしょうか。

スマートフォンの普及により、今や当たり前となった連絡ツールLine、SNSの代表格とも言えるTwitter、Facebook、急速に利用者を拡大しているInstagram

これらが現在有名なSNSと言えるでしょう。
一度は耳にしたことがある方や、そもそも利用しているという方が多いのではないかと思います。

そしてこれらのSNSを利用していると、タイムライン上で広告を見かけることが何度かあると思います。
それこそがSNS広告です。

SNS広告の一番の特徴は、このタイムラインに表示されるということです。
これにより、一般的なネット広告と比べた時、ユーザーの目に触れやすく、クリック率が高くなりやすいです。


また、広告の見た目に関しては、動画が推奨されています。

というのも、テキストベースの広告ですとタイムラインに混ざることで他の投稿に埋もれてしまう危険性があるためです。

また、SNSを利用するユーザーのほとんどは、スマートフォンで移動中等にSNSにアクセスします。
スマートフォンはPCと比べて画面が小さいので、情報をユーザーに的確に伝えるには、テキストよりも動画を利用した方がわかりやすく効果的なのです。


SNS広告はもう一つ、ターゲティング精度が高いことも特徴と言えます。

SNSに登録する際に入力する属性データ(氏名・性別・年齢・住所...etc)や、日々の投稿内容、フォロー先からユーザー一人一人の趣味趣好を分析し、そのユーザーにマッチした(ターゲティング)広告が自動的に表示されるのです。

TwitterやFacebookなどは多くのユーザーに利用され、一日にアクセスされる回数も多いため、ユーザーに広告が届きやすいSNSと言えるでしょう。




SNS広告はスマートフォンの普及に伴って近年注目を集めています。

比較的少額から広告運用が可能で試しやすいこと、多くの人の目に触れる可能性が高いこと、そして何よりスマホ社会に変わりつつあることが、SNS広告に多くの企業様が乗り出している理由なのかもしれません。

次回は各SNSの特長や費用、SNS広告を選ぶ際のポイント等をご紹介していければと思います。


続く